ALSOK(アルソック)ステッカーのいろいろ。持っている人しか知らないこと。

ホームセキュリティ

誰もが見たことのあるアルソックのシールですが、実は知られていないことがたくさんあります。

(知っておく必要がないことの裏返しかもしれませんが)

果たしてこんな記事に需要があるのかよく分かりませんが、とりあえず始めます。

書かれている内容は全て事実ですが、もしかしたら地域や営業担当によって異なる可能性もあります。

 

サイズの種類が豊富

全部で4種類。

  • 特大(不明)・・・・・・大き過ぎて使い道がないので貰いませんでした。
  • 大(14 x 16 cm)・・・・玄関ドアとか目立たせたい場所に貼る大き目サイズ。
  • 中(10 x 12 cm)・・・・おそらく窓用。主張し過ぎず、一番使い勝手が良い。

 

  • 小(5 x 6 cm)・・・・・一番小さいサイズ。ワンポイントに。

 

欲しい分だけ貰える

営業さんに言えばいくらでも貰えます。

 

我が家も、劣化した時の為に何枚か余分にもらっておきました。アイキャッチ画像がそれです。

 

 

転売対策でIDがついている

知らなかったのはこれ。実は全てのステッカーについてます。

 

どうも最近追加されたようで、街中で見るALSOKシールにはついていたり、ついていなかったり。

 

 

ご当地限定バージョンも

アルソック = 綜合警備保障株式会社ですが、都道府県や地域によっては業務提携を結んだグループ会社によって管理されています。

そういった地域であれば、『ALSOK』の下には『綜合警備保障株式会社』以外のご当地警備会社の名前が印刷されています。

はっきり言ってこれは全然嬉しくないですね。

 

 

貼るのは自分で

当然お願いすれば営業さんもしくは工事担当の方が貼ってくれたと思いますが、『好きなところに好きなだけどうぞ』というスタンスでした。

おかげで、貼る位置は自由自在ですし、いつまでという締め切りもありません。

前述のとおり、ステッカーはいくらでもくれます。

少しでも斜めになったらすぐ捨てて貼り直せるので、自分で貼っても出来栄えには満足できます。

 

 

最後に。くどいかもだけど偽物はバレるよ!

ステッカーだけの偽物アルソックは、実在するのか分かりませんがすぐにバレます。

こんな風に、契約している家には警報ランプが必須で設置されているので、これがないと一目瞭然で偽物だと分かってしまいます。

また、契約してないのにステッカーを貼っていると、法的に訴えられる可能性があるのでやめましょう。

 

 

追記。シールつきの認定商品も存在する

『アルソックロック』という商品に、ステッカーがついているようです。

アルソックの公式商品らしいので、これを買えば、堂々とシールを貼れますね。

商品の説明にも、『視覚効果バツグン』とあります。

私は知りませんでしたが、かなり売れている商品のようです。


↓私がホームセキュリティを導入することになったきっかけや、契約交渉などで得られたノウハウをまとめました。あわせてどうぞ。

【まとめ】セコム、アルソックの見積もりから契約後の運用まですべて紹介。



スポンサーリンク