簿記の勉強を始めて1週間。建設業経理士検定試験を受けてきた。

資格試験(日商簿記他)

本日9/9、建設業経理士検定試験2級を受けてきました。

会場には100人を超える席が用意されていましたが、欠席者もちらほら。

(10日前までは来ないつもりだったので、人ごとには思えません)

受験率は70%といったところでしょうか。

 

 

そして試験の結果はというと、とても微妙です。

合格したとも、落ちたとも言えません。

合格発表の2ヶ月後まで、モヤモヤが続きそうです。

 

試験後、同僚達と答え合わせをしました。

その結果、

第1問 16点/20点

第2問 9点/12点

第3問 14点/14点

第4問 18点/24点

第5問 ??点/30点

 

合格点が70点/100点なので、

第5問で30点中13点以上を取る必要があります。

3点x10問なので、半分の5問が正解でなければいけません。

 

・・・際どい。

 

第5問の精算表の作成は、1つ間違えるとドミノのように数字が合わなくなる厄介な奴です。

 

 

そしてどの数字が採点対象となっているかも不明なので、

解き方が9割合っていても、0点となることも起こり得ます。

 

最も長い時間をかけて勉強したので自信を持って30点と言いたいところでしたが、試験中に最後の数字がどうしても合いませんでした。

試験終了2分前にようやく間違い箇所を見つけたものの、時すでに遅し。

 

未成工事支出金の調整額(貸)を完成工事原価(借)に入れ忘れるという凡ミスでした。

法人税や純利益を再計算する時間もなかったので、最低何個かは落としているでしょう。

 

他の箇所も全て合っているとは限らないので、正直、厳しいかもしれないと思っています。


1週間の資格勉強を終えた感想

10日前は受ける気が全くなくて、

7日前に急遽受けることにして準備を開始し、

よくここまで持ってこれたなと。

 

結果はどうなるか分かりませんが、今は悔しさ半分、試験が終わった爽快感が半分といった所でしょうか。

やったことがある問題は解けていたので、その点は満足しています。

でもまあ、結果が全てですからね。

 

働きながら、ブログ書きながら、資格勉強。

良い経験にはなりました。

 

『もっと早くから準備していたら』

という後悔が無いというと嘘になりますが、本当に全然やる気出なかったので仕方ありません

 

それよりも、我ながらよくあそこから挽回したなと思います。

↓試験10日前のくさっていた時に書いた記事です。

資格試験に申し込んだけれど、準備不足で受けたくない時の対処法。

 

今後について

11月に日商簿記2級の試験もあるようなので、どうするか少し考えてみます。

というのも、せっかく詰め込んで簿記の理解も深まったので、何かしら成果として残しておきたいなと。

(今回の建設業経理士検定は、残念ながらカタチに残らない恐れがある)

 

残り2ヶ月ですか。まだ間に合うはず。

誰かオススメの参考書があれば教えてください。

次は、1週間と言わずすぐにでも準備を始めたいと思います。

スポンサーリンク