岐阜飛騨の超高級米【龍の瞳】

雑記

ご存知でしょうか。

 

我が家では、お米はふるさと納税で購入することにしてます。しかし、ちょうど次が届く前に無くなってしまい、泣く泣くスーパーで買うことに。

 

そこで買ったのが、前から気になっていた【龍の瞳】です。

 

このお米の存在を最初に知ったのも、ふるさと納税でした。

 

  • 飛騨地方の高知の寒暖差を活かして栽培されている。
  • コシヒカリの1.5倍の大きさで、一粒一粒噛むごとにその美味しさが口に広がり、いつまでも噛んでいたいおいしさ。

引用:龍の瞳公式HP

 

めっちゃ食べたい。

 

ただ、・・・高すぎる。

 

魚沼コシヒカリの入ったセットでも15kg 1万円なのに対して、

 

龍の瞳は、2kg 5千円

 

ふるさと納税価格なので割高なのですが、それでも高すぎたので、諦めました。

コシヒカリの3〜4倍って。

 


さすが産地。スーパーで発見。

そして記憶の片隅に押しやって数ヶ月、立ち寄ったスーパーで偶然見つけます。

 

店頭価格 1kg 1,388円(税込)

 

やっぱ高いわ。でも1kgなら許容範囲!

 

ということで買ってきました。

 

美味しく食べるための小冊子までついてきます。

 

食べた感想

口に入れた第一印象はこんな感じでした。

食後レポ
  • とにかく、一粒一粒が大きい。
  • そして食感はややもち米みたい。
  • 匂いは強すぎず、とてもソフト。

 

不味い米って、食感がボゾボソしてて、且つなんか臭いものですが、

 

龍の瞳はその不味い米の正反対の特徴を持った米です

 

噛むほどに美味しいのはマジ

ほんとにずっと噛んでました。

一粒一粒噛み締めたおかげで、同じ一膳なのに相当お腹いっぱいです。

 

龍の瞳のHP(ググって下さい)にある通り、これをおむすびにしたら間違いなく最高でしょう。

塩むすびで勝負したら、多分勝てる米はないと思います。

 

逆に、回鍋肉や麻婆茄子のようなおかずを相手に、とにかく米を掻き込みたいケースには向いてないかもしれません。

米の存在感がすごいので、きっと疲れます。

 

 

追記:いろいろ試して分かった注意点とオススメ

炊き方は絶対に硬め・早炊きがおすすめ

これは注意書きにも書かれていますが、水に浸けたりすることなく、すぐにさっと炊くのが重要です。

72分かけてじっくり炊くコースで試してみました(ちゃんと水は少なめ)ところ、柔らかくなり過ぎて普通のお米と違いが分からなくなりました。

 

カレーには合わない

これも実証済みです。なんだろう、一粒一粒の大きさが、少し鬱陶しいというか。

少しお米の存在感がありすぎて、求めているものと違う感じです。

 

弁当・おむすび最強

冷めた時の方が、米の美味しさがよりはっきりします

普段冷めたご飯にありがたみを感じることはないですが、美味しくてとても贅沢なことをしている気持ちになります。

 

 

東海エリア在住の方は帰省等のお土産に最適

1kgだと6〜7合なので、手土産として貰えば、ちょうど嬉しい量ですよね。

明らかに普通のお米と違うので食べたら面白いですし、さらにブランドも確立されているのできっと喜ばれると思います。

 

東海エリア以外の方はスーパーには置いていないかもしれませんが、普通にネットで注文できるので検索してみてください。

 

ちなみに、2018年(平成30年)の新米がもう入荷されています(10/20追記)

 

龍の瞳 いのちの壱 平成30年産 白米 (2kg)

龍の瞳 いのちの壱 平成30年産 白米 (2kg)

4,480円(06/21 01:31時点)
Amazonの情報を掲載しています
龍の瞳 いのちの壱 平成30年産 白米 (5kg)

龍の瞳 いのちの壱 平成30年産 白米 (5kg)

8,480円(06/21 01:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

スポンサーリンク