家庭菜園に食費の節約を求める事は間違い。

雑記

猛暑による不作でスーパーの野菜価格は高騰してます。

そして同じく猛暑により、家庭菜園の成果も厳しいものです。

つまり、

家庭菜園の野菜は、欲しい時に獲れない!

 

今年に限った話ではありませんが、

『自分で作れば買わなくて良いじゃん!』

というように、金銭的に儲けよう、節約しようという狙いが的外れであることに気づきました。


今年の話。猛暑により家庭菜園は不作。

我が家では、トマトとゴーヤを育てています。

実家以来、およそ15年ぶりの家庭菜園でした。

 

せっかく庭もあることだし、野菜って買うと高いから自分で作っちゃえと思って始めましたが、この猛暑です。

 

食べきれない量のゴーヤを想像して、どう消費しようか心配していたのに、10cm程度ですぐに熟れてしまうので、ほとんど収穫できていません。

 

同僚に聞いても今年はきゅうりやゴーヤは収穫できていないとのこと。どこも厳しいみたいです。

 

 

獲れないなら仕方ないとスーパーに行くと、価格は高騰している

気候に左右されるところが大きいので、プロ農家と家庭菜園の収穫状況には相関があります。

この相関性が厄介者です。

家庭菜園のケーススタディ
  • 豊作 → スーパーでもっと美味しいものが安く売っている
  • 不作 → 手塩にかけたのに収穫できず、結局はスーパーで高値で買わなきゃいけないという二重苦

 

豊作と不作、どっちに転んでも損してる気がします。

 

家庭菜園で補う形を取れれば良いのですが、動きが一緒だとそれも困難です。

 

家庭菜園の野菜 = 必要ない時にたくさん獲れて、欲しい時に獲れない
空気が読めなさすぎて笑えます。

 

こんなものに投資なんて、金銭目的では普通考えられません。

でも、つい手を出しちゃいますよね。

 

 

超例外。収穫以外で稼ぐ方法もある

ちなみにゴーヤを植えることにしたのは、地元の友達の影響でした。

ベランダ栽培で1株から144個収穫し、そのネタでブログを運営してメディアにも登場するという面白いヤツです。

ベランダゴーヤ研究所

こういう切り口も存在するという点では、参考になりますが、食費を削減したくて育てているという方がほとんどなので、多くの方には当てはまらないでしょう。

 

 

結論。家庭菜園はお金じゃ無い

頭では分かっていましたが、収穫までのプロセスを経ると身にしみて感じます。

だって成長を見守るだけで楽しいですから。

さらに自分で作った野菜を食べると喜びもひとしおです。

来年も、節約とが気にせずまた植えると思います。

 

 

スポンサーリンク