ハーンドルフが新馬勝ち。キャロットで地方馬に出資して分かったこと。

一口馬主

地方入厩馬のハーンドルフが新馬勝ち。

キャロットクラブ初勝利をもたらしてくれました。

初めての地方入厩馬。実際に出資してから気づくこと・知ることもあったので、まとめておきたいと思います。

キャロット追加募集にて

ハーンドルフ(アデレードヒル20)は追加募集で出資の決まった子です。

募集時は見た目のとても悪い子で、印象は良くありませんでした。

  • 背中がとても凹んでいる(たれている、そっている)
  • 冬毛ボーボー
  • 歩様も好みではない
  • ただ、トモだけは立派

そんな彼女が、こんなに強いとは。分からないものですね。

 

馬体に疑問を持ちながらも出資した理由は、血統です。

  • 母アデレードヒルは中央4勝
  • 曽祖母ユーザーフレンドリーは凱旋門賞2着

 

強力なファミリーラインに、父はダート種牡馬ランキング1位のヘニーヒューズ。

それでいて募集価格は1,000万円。(父ドレフォンの半弟はセレクトセールで7,260万円)

もしかすると、もしかするかも。

そうして運良く(倍率4倍)ご縁を頂くことができたのが、アデレードヒルの20でした。

 

ノーザンファーム早来での育成を経て

募集時は不安の方が大きかったハーンドルフも、見違える姿に成長してくれました。

背が反っているのは相変わらずですが、かなりマシになった気がします。

トモの力強さも増して、坂路を13秒で楽に登っている7月の調教動画で「おっ」となった出資者は多いはず。

その後、デビュー戦では見事に期待に応えてくれました。

 

2歳新馬戦

ジャンポケ斉藤の愛馬オマタセシマシタも参戦している門別のホッカイドウ競馬。

JRA認定フレッシュチャレンジに出走したハーンドルフは、単勝1.2倍の人気に応えて圧勝してくれました。

パドックでも解説の方に褒められていましたね。

  • トモを使えていて、推進力がある
  • 背が反っていなければ、門別にいなかったかも(中央で走っていた)

 

レベルの高い門別でこの勝ち方なので、これから先が楽しみです。

 

地方馬に出資して分かったこと

ハーンドルフが初めての地方入厩馬でしたが、実際に出資してから気づくこと・知ることもあったので、まとめておきたいと思います。

地方所属馬の基本情報

  • 100口(キャロット)
  • 賞金は安い
  • 維持費は月4,000円程度
  • 平均現役期間は長い

維持費が割高

普段は気にならない維持費も、1口で毎月4,000円となるとさすがに・・・という感じ。

維持費だけで、引退までに1口あたり15万〜20万ほどかかることは知っておくべきでした。

地方レースの賞金水準に対して、維持費はかなり割高なんですよね。

回収率の面では、維持費が最大のネックとなるはずです。

 

募集価格は気にしなくてOKかも

キャロットクラブの22年度募集では、ブランシェクールの募集価格が地方所属で過去最高の2,000万円(1口20万円)です。

地方馬で一口20万円はちょっと・・・となるかもですが、

地方所属こそ募集価格の高い安いに左右されず、可能性のある馬を選ぶべきだと思います。

たとえ一口10万円の馬でもトータルで払うお金は30万円に跳ね上がりますからね。

総支出額に対する割合で見ると、募集価格の差はそれほど作用しません。

総支出 = 馬代 + 維持費(15万〜20万) + 保険代

 

地方馬2頭持ちはキツイ

2頭持つと、維持費だけで月8,000円。ほぼ1万円。

他の子達もいますし。

幸運にも将来性豊かなハーンドルフに出資できたので、1,2年は地方入厩馬を増やす必要はないかなと思っています。

 

100口の恩恵

負担の増える100口ですが、メリットも存在します。

  • 口取り、命名の権利を取りやすい
  • 産駒が400口で募集された場合、母馬優先で100%出資できる
  • 賞金も1/100なので重賞級に成長するとリターンが大きい

他にも平日開催、多めの出走回数、相手関係が楽、引退しないなど、メリットはたくさんあります。

 

今時点での印象ですが、お金の回収より一口ライフを楽しみたいという方にマッチする気がしますね。

私は早い段階で地方馬に手を出して良かったなと思っています。

(つづく)

スポンサーリンク