アパート暮らし15年の私が中古一戸建てを買ったら、生活がこんなに潤った。

築14年の中古住宅購入

大学入学以来、15年に渡って賃貸のアパートに住み続けていましたが、一年前に築14年の中古住宅を購入しました。

できればローンなんて借りたくありませんでしたが、無理して購入した結果、

murao
想像以上に、賃貸アパートと持ち家の間には差があることに驚いています。

 

広いとか、

綺麗とか、

快適とか、

所有感が満たされるとか、

そんなことは当たり前。

 

この記事ではありきたりな感想は置いておいて、実際に何ができるようになって、どんな風に生活が捗ったか、リアルな感想をまとめました。

 

賃貸派の中には、『本音では家が欲しいけど我慢している』という人が一定数いると思います。

そんな方々にとって、少しでも参考にしてもらえるとうれしく思います。

できるようになったこと

これから挙げていくことはすべて実例。画像もどれもオリジナルとなっています。

ペットを飼える

犬を飼えるようになったのが個人的には一番大きいですかね。

そもそも、このために購入したので当然といえば当然です。

論点が逸れそうですが、ペットが家にいるだけで、人生変わります。

アパート時代から海水魚はかれこれ6、7年買っていますが、犬は魚とは別次元に生活に寄りそってきます。

毎日帰宅時に出迎えてくれるだけで、ローンを背負った価値はあったかもしれません。

 

 

好きに壁に穴を開けられる

壁にカレンダー用のねじを初めてさした時の背徳感は、おそらく一生忘れません。

敷金のことを考えると、賃貸ではできませんでしたからね。

 

 

自由に楽器の練習ができる

『家は自由に改造していいんだ!』と気づいた挙句、防音室も自作しました。

防音シートを壁に貼っただけですが、材料費5万円程度で、夜でも管楽器を練習できるようになりました。

私も妻も趣味は楽器なので、好きな時に家で演奏することが出来るのはアパート時代には考えられないことです。

けど不思議なことに、いつでも演奏できるとなると、逆に前ほど練習しなくなりました。

アパート時代は時間を見つけてはスタジオやらカラオケやら通ってたんですけどね。あの熱量はどこへ行ってしまったのでしょうか。

とはいえ、本番前は時間を問わずがっつり練習できるのでめちゃくちゃ捗ることは確かです。

 

 

太陽光でお金が稼げる

家を利用して、収益をあげることだって出来ます。

代表例として挙げられるのは太陽光でしょうね。うちもすぐに設置しました。今ならひと昔の数分の1の金額まで値下がりしているので、初期費用の負担も少なく済みます。

 

我が家の場合、屋根に載せた太陽光パネルの発電で、年間50万ほどの収益が発生しています。これが20年続くと考えると、家計にはかなり大きいです。

住宅用太陽光のリアル① 1年目の実発電量と売電収入まとめ。

 

 

家庭菜園で野菜が育つ

プランターでトマトなど野菜を育てるだけでなく、庭でぶどうも栽培しています。

家庭菜園は、手入れや収穫で季節を感じ取ることが出来るのが大きなメリットですね。

育成ゲームのようなものなので、成長を見守るのが毎日の楽しみでした。仕事のストレスが溜まった時期には、助けられた気がします。

 

 

一軒家を購入して実際にできるようになったことは、こんなところです。

 

 

出来なくなったこと

良いことがあれば、当然ネガティブな点もあります。

パッと思いつく、『出来なくなったこと』を挙げていきましょう。

 

転職・引越し

いや、できますよ。

しかし確実にハードルは上がりました。

この地を離れることになって家が不要になるのなら、売るか貸すか、何かしらしなければいけません。

そのままにしておくわけにはいかないですからね。

 

退去届けを出すだけで済む賃貸は楽ですが、持ち家だとそうはいかないので色々と面倒です。

購入額より高く売って利益を出す位の心意気があれば良いのでしょうが、なかなかそうはいきません。

縛り的なモノは確実に感じています

 

 

貯金

ローン次第ですが、やはり賃貸よりはお金がかかります。

ローンの他にも、火災保険、固定資産税、家のメンテナンスなど。どれも結構大きな額が一度に吹っ飛んでいきます。

まだやったことありませんが、リフォームなんて数百万円単位でお金が必要になりますからね。家賃でいうと数年分です。

特に我が家は引越し前は家賃2万円の社宅(値段相応の部屋です)だったので、出費の差は大きく感じます。

 

 

まとめ。家を買ったら世界が変わったと言って良い

もう一度、できるようになったことに話を戻すと、

  • ペット
  • 楽器の練習
  • 太陽光発電
  • 家庭菜園

 

これだけやれることが増えると、さすがに生活は捗ります。

家にいるだけでやる事あって楽しいので、外に遊びに出る機会はグッと減りました。

murao
一昔前までは賃貸派。

今思えば、お金のことが不安で強がって我慢していただけ。

 

この記事は、私個人の感想をまとめたものです。

何が捗るかはその人次第です。

庭でゴルフの練習や、子どもとサッカー。

部屋で卓球やビリヤード。

もしくはホームシアターで映画やゲームを楽しむという方もいることでしょう。

持ち家は家族に安全で清潔な生活をもたらすだけでなく、潤いも期待して良いと思います。

murao
結論。家があると生活は捗る。

 

関連記事です。

家は欲しいけどお金のことがネックだった私が、中古一軒家の購入に踏み切るまでに考えたお金のことです。

住宅は賃貸か購入か、お金のリスクを考えて出した結論は中古の持ち家。

 

家庭菜園は植物の栽培を楽しむものであって、元を取ろうなんて考えてはダメですね。

家庭菜園に食費の節約を求める事は間違い。

 

太陽光の売電収入があれば、ローンの一部を補うことも可能です。

中古物件で太陽光発電を始めたら、売電で住宅ローンの1/3を賄えそう。

スポンサーリンク