フランス旅行でバターを持ち帰り。エシレやボルディエの保存方法やオススメ料理。

海外旅行とリモワ

デパ地下や成城石井で売られているフランス産バター。

エシレやボルディエなど、日本では1個2,000円以上はする高級バターですが、フランスで購入するとかなり安いこと、ご存知ですか?

100年以上の歴史をもつエシレに、フランスの三ツ星レストランやホテルで提供されるボルディエが、500円以下で購入できます。

ということで、フランスに行った際にバターをたくさん買って持ち帰りました。

お土産に最高だと思います。

フランス・パリでバターを購入

スーパーでも高級バターはたくさん売っている

品揃えが豊富なのは、やはりデパートの食品コーナーです。

ギャラリー・ラファイエットやボン・マルシェが有名どころでしょうか。

ホテルが近かったり、行くあてがあれば利用したいところです。

でも、メジャーなものであれば、普通のスーパーでも十分手に入ります。

 

参考までに実際に私が購入したのはGaleries Gourmandes。商業施設の地下にあるスーパーです。

空港バスと1番線メトロの停車駅、Porte Maillotのすぐ近く。

定番のMONOPRIXでも良かったのですが、帰国日の日曜は休業していたので、こちらを利用しました。

 

エシレにボルディエも十分な量が揃っていました。

 

価格は、エシレなんて250gがたったの4.25ユーロ(500円ほど)。

日本だと、ネットで安くまとめ買いしても2,500円するのに・・・。

やっぱり安いですね。日本の1/5の価格です。

 

 

バターをフランスから日本に持ち帰る

用意するものと方法

バターはスーパーで購入するとして、日本に持ち帰る為に用意するものは、この3つ。

  1. 保冷バッグ
  2. ジップロック
  3. 冷凍食品(保冷剤代わり)

もはや定番となっている方法なので、紹介するまでもないかもしれません。

バターと一緒に保冷剤代わりの冷凍食品を保冷バッグに入れるだけです。

真夏でもこの方法でいけたという方もいたので、年中いけると思われます。

ちなみに、保冷バッグは現地でも手に入ります。

なので、なんの用意もなく、旅行中にふと思い立ったとしても、全然大丈夫。

 

帰国後、取り出したのがこちら

実は、ちゃんと冷えてはいたものの、冷凍食品は溶けきっていてキンキンではありませんでした。

もしかしたら冷凍食品のチョイスが甘かったのかも。水分の多いものを選ぶべきだったかもしれません。

 

持ち帰ったバターは2kg強

左から、

  • ボルディエ(有塩・無塩・海藻・オリーブ・柚子・フェンネル)
  • セル・ドゥ・メール(粗塩いり)
  • エシレバター (無塩・有塩)

しめて2kg強。購入価格は5,000円ほど。

 

持ち帰った後にやること

保冷剤代わりの冷凍食品を食べる

せっかくなので、いただきましょう。

一度解凍したものを再冷凍すると、味も風味もがかなり落ちてしまいます。

ほうれん草のキッシュとラザニアを頂きました。

さすがフランス、冷凍食品のクオリティも高めです。

 

すぐに食べないものは冷凍保存

少しでも空気に触れさせない為に、ラップ+ジップロックで厳重にしてから冷凍庫へ。

バターって、全然かさばらないんですね。

たくさん買いすぎた気もしていましたが、実際はかなりコンパクトになって、スペースはさほどとっていません。

これなら、もっと買っておけば良かったと思いました。

 

バターを食す。

一番楽しみにしていたのは、ボルディエの海藻入りバター

なかなか違和感のある組み合わせですが、どこでも絶賛されていたので楽しみにしていました。

ボルディエのバターは125gと小さくても2,000円近くします。

石鹸くらいの大きさなのに、結構なお値段ですよね。

それがフランスだと400円。

 

海藻バターはパンにのせても美味しかったですが、おすすめは魚料理。

写真はタラのムニエル。

 

お店みたいな、本当に複雑な味に変わります。

 

そしてバターケースで冷蔵保存

賞味期限は短いもので2週間ほど。

発酵バターなので、そんなに日持ちはしません。

なので新鮮なうちにどんどん食べてしまいましょう。

そして食べ終わったらバターケースへ。

 

今回を機にバターケースを新調しました。

選んだのは、鮮度維持と、酸化防止のために、気密性が最も高いもの。

二重パッキンと中央のバルブが特徴のホーロー容器です。

200g用が、サイズとしてちょうど良いですね。

エシレバター250gもギリギリ入ります。

 

バターケースとしては若干高めかもしれません。

でも切った状態で1ヶ月以上たっても全然黄色く変色していませんし、おすすめです。

 

以上です。

フランスへ旅行へ行ったら、お土産はバターをどうぞ。

スポンサーリンク