また最高発電量。Qセルズ15kWシステム8月の売電実績。

1年目の発電・売電実績
8月の発電量 = 2,312 kWh

今月もシミュレーションの予想発電量を上回りました。そして過去最高の発電量です。

連系して6ヶ月目、今の所はシミュレーションに対して15-20%上回っていますが、年毎にばらつく中で今年だけ良い場合もあるので、ぬか喜びはできません。

 

カレンダーを見返しても、8月は1日中雨という日がほとんどありませんでしたし。

 

しかし、一年目としては予想を上回ってくれた方が嬉しいのは確かです。

 

順調に右肩あがりですが、9月からは流石に下降していくでしょう。

それでも年間を通してどういう傾向が見られるのか、楽しみではあります。


過去最高益 56,645円

経済効果に関しても、同じく過去最高を記録しました。

これで、連系して5ヶ月半で累計28万円を生み出してくれたことになります。

 

設置費用が235万円(税込)だったので、元をとるまではあと207万円。

このペースでいけば、予定通り5-6年でペイできそうですね。そして残りの15年で利益を増やしていければ理想的です。

 

このグラフで表しているのは、

我が家の経済効果 = 売電額 + 消費額

売電額だけでなく、自家消費した(払わなくて済んだ)電気代を加算した金額を我が家の経済効果としています。

太陽光発電によって実際幾らお金を生み出したかを表しており、

8月でいうと、

売電収入41,032円+浮いた電気代15,613円=56,645円

といった具合です。

 

消費額は、電力会社の時間別の料金プランに沿って求めました。

※我が家はオール電化住宅なので、深夜の電気代の安い時間帯にお湯を沸かすために、中部電力のスマートライフプランを契約しています。

スマートライフプラン電気料金単価(中部電力

例えば、平日の日中に1kWhを自家消費した場合は、38円電気代が浮いたという計算です。

 

話は逸れますが、売電単価が22.68円(税込)なので、特に平日の日中は売るより使った方がお得になります。

太陽光発電があれば、エアコンは24時間稼働。使えば使うほど得をする。

使うだけ売電収入は減るのですが、安く使えてると思うと電気代に神経質になることはありません。

結局うちの場合はかなりの電気を消費してしまっているので、8月分として口座に実際振り込まれるのは40,000円ほどです。

 

 

そして我が家では、この4万円を使って、つみたてNISAをやっています。

家計に影響の無いところで勝手に積み立てられていくので、金銭的にも精神的にも負担はありません。

 

宜しければこちらもどうぞ。

太陽光の売電収入を元手に、つみたてNISA。

スポンサーリンク